良い日焼け

Pocket

何もわからずただ日焼けに興味を持って初めて日焼けサロンへ行く人の場合、日焼けについて知識のない人がほとんどです。
日焼けには良い日焼けと悪い日焼けがあること、ご存知でしょうか。
良い日焼けというのは「サンタンニング」と言われていて、褐色の肌くらいになる日焼けを言います。
悪い日焼けというのは「サンバーン」と言われていて、皮膚がヤケドしてしまった状態の日焼けを言います。
初めて日焼けサロンへ行って、いきなりがんばってマシンにあたりすぎて、サンバーンを起こしてしまう人があとをたちません。
ヤケドしているわけですから、肌の組織を破壊してかなり肌に悪い状態になっています。
特に色白の人、皮膚の薄い人の場合、紫外線に対して肌を守る力が弱いためヤケドしやすいです。
ヤケドの跡がシミになって残ってしまうこともあります。
さらに日焼けもしすぎると、ガンの原因にもなると言われているので、ほどほどにしなければいけません。
日焼けは、紫外線を浴びることでしますが、このとき皮膚内にあるメラニン色素が皮膚の深部にまで紫外線が浸透しないように守ってくれる役割を果たします。
皮膚の細胞、遺伝子は破壊しないように守ってくれるのです。
このメラニンが正常に働くことによって、良い日焼けをすることができます。
良い日焼けのためには、最初は日差しが弱い時間帯に日焼けするように、紫外線ならば弱めにして日焼けするようにして、間隔をおいて少しずつ照射していくときれいな小麦色の肌になると思います。

コメントは受け付けていません。