紫外線

2017.5.26|日焼けサロン 初めて

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

太陽の日差しを浴びて日焼けするのと、日焼けサロンに行きマシンで日焼けするのは違います。
浴びる紫外線の種類が違うのですが、紫外線には数種類あります。
A波、B波、C波とあって、日焼けサロンによりどの紫外線を使っているのかわかりません。
初めての人は、事前にサロンに確認して、体への影響などについても確認する必要があります。
日焼けサロンに行ってマシンで浴びる紫外線は安全なものだと言われています。
しかし100%安全なわけではありません。
紫外線を浴び続けることで、皮膚ガンなどを発症する危険性もあがります。
紫外線を浴び続けることは体だけではなく目にも悪いです。
そのためタンニングマシンでは、目をつむっておくようにと指示されると思います。
しかし目をつむっておいても、紫外線は水晶体まで透過するので意味がありません。
日焼けサロンには、ゴーグルが準備されていると思いますから、紫外線を浴びるときには、必ずゴーグルをした方がいいです。
初めていってどこにあるかわからないときには、きちんとスタッフに聞くようにしましょう。
大切なことです。
紫外線の影響で、白内障の危険もあります。
日焼けサロンを否定しているわけではありません。
適度な利用は、体と心の健康にいいためいいと思います。
ただし過度の利用は、体によくありません。
適度な日焼けが一番です。
こうした紫外線からの悪影響は若い子ほど受けやすいそうです。
そのため18歳未満の場合には、まだ早いのでもうしばらくやめたておいたほうがよそうです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。